耐久 親から子へ、子から孫へ安心して住み継がれる家

日本古来の伝統工法「真壁仕上げ」と樹齢1000年を超えるヒバ材の土台を使っているので抜群の耐久性を誇ります。

羽黒山五重塔
歴史が証明する100年耐久住宅

“国宝”羽黒山五重塔は、約600年前に再建された東北地方最古の塔。この木造建築の耐久性を現代の建築技術に取り入れた100年住宅「生命の家」。郷の家の強さは、1400年の伝統建築の歴史が証明します。

樹齢1000年の天然ヒバ土台樹齢1000年の虫を寄せ付けないヒノキチオールを放出する、天然ヒバ材を使用しています。


 

ヒノキチオールの効果
乾いている時はそれほど香りませんが、水分を含むと強い香りを発します。腐朽菌が発生しやすい状態になると、自己防衛本能でヒノキチオールを大量に放出し、殺菌するのです。これが自然の強い力です。
残念ながら日本のヒノキにはほとんど含まれていませんが、“ヒバ”には多量に含まれています。


自然の風が走り、木を活かす床下換気は「丸型換気孔」により従来工法の約4倍

●基礎には、正倉院の校倉造の高床式をもとに開発した「丸型換気孔」による床下換気。この床下換気は従来工法の約4倍の床下換気を可能にしました。床下に風が走ることにより木が腐らず長持ちします。

丸型換気孔は、換気孔の穴をあける際に基礎の鉄筋を切りません。基礎の鉄筋を切らないことで、強い基礎を長く維持し、地震にも本来の強さを発揮します。

壁体内通気

壁の内側に通気層を確保し、通気性を高めることで結露を防ぎ、湿気による躯体の劣化を抑えます。住む人の健康はもちろん、住まいの耐久性にも大きく貢献します。