アアルホーム


アアルホーム・注文住宅

私たちは、住む人の未来を考えた家造りをしています。
何でも使い捨ての時代、これからの「住まい」を見直してみませんか?
当社では、大工技術の「心・技・体」を道義として、高耐久・高断熱にこだわり、増築・リフォームも可能とした息の長い住宅を目指してきました。
住む人のやすらぎの空間を大切にしたい!
家族1人1人のライフスタイルを考慮し、より安全に、より快適に、そして長命な住まいを若い世代にも無理なく持てるように納得のいく価格で考え、企業努力を重ね誕生したのが「アアルホーム」です。

アアルホームとは・・・

高耐久・高断熱の当社独自のWRV(二重通気工法)工法を用いた快適な住まいです。家族一人一人のライフスタイルを考慮し、より安全に、より快適に、そして長命な住まいを納得のいく価格で考え、企業努力を重ね、若い世代にも無理なく住居を持てるようにと誕生したのが、「アアルホーム」です。

二重通気工法 WRVの仕組み

基礎内の通気

従来工法

従来工法

コーナー部分は湿気がこもりやすく、湿気によるカビや基礎が腐る可能性があります。

基礎パッキング工法

基礎パッキング工法

全周通気でコーナー部分もスッキリ換気してくれるので、湿気によるカビや柱が腐ったりしません。

 

アアルホームのポイントは?

Point1.高機能・高品質住宅

木造軸組工法
プランニングの自由度が高いのが木造軸組工法で狭い土地や変形敷地に対応できる柔軟性や、部分的な修繕・改築を行うことができます。 更に『アアルホーム』では耐震パネルを張りめぐらせることにより、2×4のように面の強度もプラス されます。
耐久性
『アアルホーム』はWRV工法や木造軸組工法を用い、何代にわたり住める丈夫な住宅で、地震に強い耐震構造で、安心して暮らしていく事ができます。
高断熱
優れた断熱効果の省エネ長持ち住宅で、さらにオール電化を導入していただく事でさらに省エネになり家計に優しく、快適に暮らせます。
WRV工法
二重通気工法WRV(当社独自の工法。壁内も結露しにくく、耐久性抜群)
W:二重 R:アアルホーム V:通気

Point2.耐震構造

オール四寸角・骨太柱
見えない構造にとことんこだわり、耐震上重要な全ての柱が四寸(120mm)角を使用してます!!土台には耐久性に優れた4寸角のヒバ材を使用し、地震に強く、丈夫で長持ちの住宅ができます。

 

お客様の土地にぴったりの基礎『ベタ基礎』標準使用
土地によって合う基礎は様々です。当社では地盤調査を行ったうえで、検査機関のアドバイスによりお客様の土地に合った基礎を採用します。お客様のご要望により、地盤改良も承ります。 また、基礎パッキング工法を採用しておりますので、土台とコンクリート基礎間の通気がしっかり保たれ、土台の耐久性が高くなります。また、基礎に換気口(レジスター等)を設ける必要がなく、従来の工法よりも基礎の強度も上がるので耐震にも強くなります。

耐震パネルで耐震強度強化
木造軸組工法は、上からの荷重には柱と梁で、横からの荷重には筋交いで躯体を支えます。更にアアルホームでは耐震パネルを張りめぐらせることにより、2×4のように面の強度もプラスされます。外力は「面」にかかるため、変形の度合いが小さくなり、耐震強度がアップします。
お客様に安心して暮らしていただくための最善の耐震強度になっております。

Point3.高齢者・健康に配慮した住環境

シックハウス対策
お客様の健康を考えたシックハウス対策を取入れており、ホルムアルデヒドの放散量を抑えたJAS-Fco同等(F☆☆☆☆)を使用しております。
バリアフリー住宅
トイレ、システムバスや茶の間などの危険な段差や階段、玄関先などに手すりなど各種バリアフリーに対応しております。お客様の要望に合わせてご提案いたします。
きれいな空気
WRV工法の24時間換気でカビや結露を抑えきれいな空気を保ちますので、安心して暮らしていただけます。

Point4.安心のアフターメンテナンス

お客様に安心して暮らしていただくためにアフターメンテナンスでしっかりサポートしております。

定期点検の実施
引渡し後、定期的に点検を行っております。また、定期点検以外にも心配なことや気になる点などありましたらいつでもご連絡下さい。ご要望があれば実際に伺ってご説明・点検させていただきます。

 

住宅性能保証制度適用住宅
施工中に第三者である住宅保証機構の専門検査員による現場審査を受けることによって
「住宅保証機構の保証住宅」に認定。基本構造部分(柱・梁などの構造耐力上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分)については10年間、その他の設備や部位についても規約に準じて保証されます。

事業地域

小野工務店へ

当社への行き方

月刊庄内不動産情報